ぶちろぐ

このサイトは、Webと音楽を愛する人の提供でお送りします。
最新情報を受け取る

英文法を動画で学ぶなら「動画英文法2700」がおすすめ

いつか英語を使えるようになりたい。でも日々の勉強がしんどい。 そう思っている人は一体誰でしょう。私です。

「英語が使えるようになったら世界が広がる」ということをよく見聞きします。 もちろん本当のことなのでしょう。知らんけど。

英語を母国語以外の人が習得するには英文法や文型を理解して分析できるようになるのが良いそうです。 TOEICの勉強をする時に最初に出てくるのが「TOEICを学ぶ人はまず英語の基礎を固めよう」「中学英語を抑えましょう」などという内容。そして「中学英語の教材は自分に合ったもので構いませんよ」っていうオチ。いや構ってくれ。中学時代、英語の授業についていけず赤点を回避するので精一杯だった人にも救済処置の手を差し伸べてほしいものです。

TOEICの話に脱線してしまいました。ちょっと深呼吸して落ち着きましょう。

落ち着きましたか?落ち着くのは私でしたね、失礼しました。

私が言いたいのは、英文法を動画で学ぶなら「動画英文法2700」がおすすめということです。 タイトルで既に言っていました。 ちなみに「動画英文法2700」とはアプリのことです。

学ぶ方法はいろいろ

学ぶ方法は今やいろんなスタイルで提供されています。 書籍・動画・対面(英会話)などなど。 今回はその中でも「動画」という点においてのおすすめを紹介する記事になっております。

よく飲食店で料理が提供される時に「こちら(注文した料理名)になります。」だとか注文した時に「(注文した料理名)でよろしかったでしょうか?」とかレジなどで「(出した金額)円からお預かりします。」って言う店員さんいますね。 既にその料理になってるし今注文してるのに割と過去のことっぽいことになってるし支払い金額はそれ以上出さないぞってなりますね。

さて、落ち着いて話を戻しましょう。

何かしら学ぶには動画は良いコンテンツだとされています。 なぜなら目と耳でインプットするからだったり動きがあって印象に残りやすいだったりというのが主な理由です。 たしかに小説読むよりアニメやドラマのほうが眺めてるだけで進んでくれるので楽ですよね。

どんなアプリか

本題に入りましょう。

動画英文法2700」は4択のクイズ形式で学んでいく構成のアプリです。 1問ごとに動画解説、板書解説、音読練習、発音判定があります。 答えを間違ってしまったり理解を深めたい時などに動画や板書解説を見ると理解が深まります。 1問ごとに解説があるのは嬉しいですね。しかもすべての問題に付いています。素晴らしい。

解く → 正解/不正解 → 次の問題。 解く → 正解/不正解 → もう少し理解したい→解説を見る

みたいなサイクルでどんどん解いていくことができます。 過去問しながら解説も都度確認できる、みたいな感覚でしょうか。 つまづいたところの解説があるのはありがたいですね。

動画解説は坂木先生が解説してくれています。 知らない人はスルーで問題ないでしょう。私も存じ上げませんでした。

「文型」に始まり「不定詞」や「仮定法」など初心者にとってとっつきづらいようなものもあるので、どんどんクイズに答え動画や板書解説で理解を深めていけば英文法の感覚が身についてくると思います。 私の場合は半年ぐらい?少しずつ使っていてだんだん簡単な英語の文章が理解できるようになってきました。

個人的な見解

何かを学ぶ時に大事なのは量と質だと考えています。 「動画英文法2700」はサクサク答えて必要に応じて解説をサクッと見れるのでとても重宝しています。 1問回答するごとに「すごい!」「ざ〜んねん・・・!」みたいな大袈裟な演出は要らないと感じています。 演出は効果的にしないと白けてしまいますね。 そういえば先日寿司屋に行った時に頼んでもいないのにおしぼりを30分ぐらいの間隔で頻繁に替えられたんですが、あれはさすがにやりすぎのように感じました。

おすすめの使い方

さて、実際にインストールしてアプリを初めて起動した時、あなたは面食らうでしょう。 なぜなら最初の画面がクイズの一覧で埋め尽くされているからです。 最初にチュートリアルや説明などは一切なしです。クイズを選んで解くのみです。潔い。清々しいぐらい目的がはっきりしていますね。 「このアプリはクイズを解くアプリです」とそう言っているかのようです。

全部で5ページあり「基礎演習」「標準演習」「応用演習」「シャッフル」「総演習」の構成です。 画面全体の構成としては、左側のブロックから選んで解いていきますが、右側に各カテゴリが並んでいるのでそちらをタップすると該当箇所まで移動するのでそちらを有効活用すると良いでしょう。

まず、最初に表示される「基礎演習」の各カテゴリを一通り解いてみることをおすすめします。きっと自分の力量がわかるでしょう。 あまり正解にならなかったカテゴリやもっと理解したいカテゴリがみえてきたら、そのカテゴリを深掘りすると理解が深まります。つまりそのカテゴリの「標準演習」「応用演習」などを解いていくということです。 そうすることによって効率的かつやる気を維持して取り組めるでしょう。

お値段

「そんなにいいアプリなら、さぞお高いんでしょう?」 高いかどうかはあなたの価値観次第なので明確には申し上げられませんが、一つ言えるとしたらApp Storeで1,340円で提供されているということです。

ちょっと贅沢なランチ代、カラオケ1時間、漫画2〜3冊といったものと同じぐらいでしょうか。

他のアプリよりはどうやら安いようです。 安いとはいえ私にとっては必要十分に感じます。 英語の書籍を一冊買う感覚で手元にアプリとして持ち歩き、気が向いた時にアプリを開いてクイズに答えるかのように取り組む。 私にとって購入するには十分な理由でした。

さいごに

英語を使えるようになるには一朝一夕ではいかないでしょう。 しかし、細分化して一つずつ理解できていけば少しずつ英語を使えるようになります。 クイズ形式で答えて動画や板書解説で理解を深めたいならぜひインストールしてみてください。

それでは、ごきげんよう。